宗像神社について

 

はじめに上の宮大明神

 ここは古くから〝創造・万物の神〟を祀 まつ〝上の宮神社〟がありました。

 これは、この地域の祖先が農作物などの生産や、人の行く道を示す御神徳の高さを称えてお祀りされたものと分かります。

 

 

 

そして宗像神社へ

  その後、約1430年前の “崇峻天皇 すしゅんてんのう 2年(589年)” に、宗像大社のある九州の宗像(胸肩)地方から宗像治郎が宗像一族を率いて移り住みます。その時、一族の氏神である “宗像三女神” を “上の宮神社” に合わせてお祀りしたのです。

 

 一時は〝胸肩明神〟と称したこともありますが、これ以降、“宗像神社” と呼ぶようになりました。

 そして今日まで庄内地域の氏神・守護神として大切にされております。昔の参道は今の国領川まであり、境内地も今より大きかったことが記録に残っています。

 

 

 

八雲神社を合祀 ごうし

  また、庄内地域には庄内上分の氏神として “八雲神社” もありました。ところが四百年前の戦国時代に〝天正の陣〟という戦いが起き、これを避けるために郷山へ遷 うつ られたのです。こうして江戸時代の終わりまで、庄内の氏子たちは宗像神社と郷山の八雲神社を一緒に参拝されていたのです。

 

 明治時代に入ると「やはり氏神なので庄内にお戻りいただこう」となり、明治4年、この宗像神社に合わせてお祀りされました。そのため今でも宗像神社は、八雲神社とも呼ばれております。

 

 このあたりが八雲町となるのは昭和43年からですが、それまではここも庄内町で、宮ノ西1276という番地でした。

 

 

日清・日露戦争における逸話

 

 明治27年(1894)、日清戦争が開戦します。出征の際に宗像神社で安全祈祷を受けた人たち全員が、無事に帰還したのです。

 

 これが広く知れ渡り、明治37年(1904)の日露戦争では各地から祈祷を受けに人々が訪れ、ふたたび全員無事に帰還を果たします。そのため必勝祈願、家内安全として広く各地から崇敬を集めました。

 

 拝殿の賽銭箱は昭和5年、横浜市の堀田平太郎氏と、とも夫妻の奉納です。右に武神 八幡神社の御神紋、左に八雲神社の御神紋が並べられています。そして昭和13年に橋を新しくした際、欄干に〝百戰・百勝〟と記されました。

 

 

 

 

 新須賀町には〝堀江神社〟があります。昔の新須賀村は、今の東雲町や南小松原町、清水町の一部も含めた広い村でした。

 

 明治の初め頃、新須賀村に日新学校、庄内村柳泉学校金子村に有終学校という小学校がありましたが、明治20年に金子尋常小学校に統合しました。明治22年には庄内村と新須賀村は金子村と合併し、大きな金子村になりました。

 そのため、東雲など旧新須賀村の子どもたちも国領川を越えて、今の金子小学校へ通っていたのです。これは昭和20年代までの話です。

 

 こうしたことから新須賀と庄内の人たちは昔から仲が良く、一時は宗像・八雲・堀江の三つの神社を合わせようという話が持ち上がったことがあります。でも、その話は実現しないまま終わりました。

 

 

 

旧新須賀

 広い国領川をはさんでいるのに氏子地域と不思議がられますが、東雲町は田所町や桜木町と同じ旧新須賀村です。旧新須賀村の南側が、宗像神社の氏子地域になります。

 

 

東雲の話

 

 天正の陣(1585)の際、田所に居城を構えていた小野一族も氏族2千騎の一翼として戦いに挑みます。しかし、同年7月15日(17日説あり)、一族八人は向原(現在の東雲2丁目あたり)の竹林で戦い、最期を遂げたのでした。

 

 後世、残った一族がこの地に祠 ほこら を設け、御祖 みおや 神社(現在の東雲小野神社。里人は六神さんと呼んだ)を祀り、田所から移り住んで開拓したのが現在の東雲です。東雲小野神社では毎年夏、御霊 みたま 鎮めの例祭を斎行しています。

 

 江戸時代まで、立川(国領川)は城下あたりから大きく蛇行していました。河口は今の沢津(沢=川、津=港・河岸)あたりです。と言っても、江戸時代以前の河口の様子について明確な史料は残っていません。

 

 この立川を、幕府の許可を得て住友家がほぼ真っ直ぐに整備しました。おかげで新須賀村が2つに分断されたのです。

 

 江戸時代の新須賀村は幕領地でした。そのため西条藩の地域内であっても新須賀村に対して何もできない、いわゆる治外法権的な扱いでした。

 川を整備した理由として、住友の銅を流す予定があったという説と、頻繁に起きる洪水対策説、その両方との説があります。今も江戸時代の幕領川堤防の跡があるそうです。

 

 川の東側が新須賀乙番地で今の東雲町、清水町、南小松原町、桜木町あたり。西側は甲番地で今の新須賀町、田所町、平形町の一部。国領川をはさんでますが、明治22年に金子村と合併するまで1つの村として存続していたのです。

 

 乙番地あたりを古くは〝向原〟や〝新須賀原〟といい、略して〝須賀原、原地、原〟と呼ばれました。昭和に入り、東雲町となりますが由来は不明。東雲とはあけぼのを意味します。

 

 明治23年に高津小学校はできていましたが、昭和20年代まで東雲の子どもたちは金子村の子として国領川を渡り、金子小学校に通っていました。川が増水すると渡ることができず、仕方なく休むしかなかったといいます。平形橋がまだなかった頃の話です。

 

 昭和27年に平形橋が架設されてから、今も地域は発展を続けています。

 

明治頃の新須賀村(新須賀土地改良区所有)

 

分かりやすくするため、現在の事業所等も入れる